Research and Education Center for Japanese Law 日本法教育研究センター

2012年スピーチコンテスト

2012年2月19日(日)、カンボジア人材派遣センターにて第15回カンボジア日本語スピーチコンテストが開催されました。
カンボジア全国から集まる原稿審査が一次審査ですが、今年は203通の応募があったそうです。その厳しい審査を通過した15名の日本語学習者がスピーチを行ないました。
CJLカンボジアからも、渡航経験のない「さくらの部」に4名が出場しました。2年生から、サカナーさんとソチェターさん、3年生から、スレイダエンさんとメターさんです。


コンテスト2番目に、CJLのトップバッター、
サカナーさんの発表。
タイトルは「もしも町長になれたら」


4番目は、ソチェターさん。
タイトルは「お金と健康」


6番目は、スレイダエンさん。
タイトルは「自分の力で前へ進もう」


8番目は、メターさん
タイトルは「お化けが教えてくれたこと」

今年は質疑応答も審査の対象となりました。難しい質問が多かったですが、4人とも、質問に対して的確に答えていました。

結果は、優秀賞にメターさん(右)、最優秀賞にスレイダエンさんが選ばれました!


最優秀賞のスレイダエンさんは、賞品として日本への研修旅行が贈られました。10月に東京へ行く予定です。
優秀賞のメターさんは、電子辞書(カラー)。これで毎日事務所で借りなくてもよくなりました。惜しくも選ばれなかった2年生も、勉強してたった
2年とは思えない、みごとなスピーチを披露してくれました。


右がソチェターさん、左がサカナーさんです。

応援にも、たくさんの学生が来てくれました。


発表した人、応援に来た人、全員がセンターの誇りです。
本当におめでとう。

 
センターからのお知らせ
現在お知らせはありません
464-8601 名古屋市千種区不老町名古屋大学日本法教育研究センター
Phone: Fax: +81 (0)52-789-4902, E-mail:
Copyright (c) Nagoya University Education and Research Center for Japanese Law All rights reserved.
Nagoya University