Research and Education Center for Japanese Law 日本法教育研究センター

漢字チャンピオン大会

2017年1月 漢字チャンピオン大会を行いました



 1月16、17日、ウズベキスタンセンターでは約半年ぶりに漢字チャンピオン大会を行いました。1、2年生対象のジュニア部門、3、4年生以上対象のシニア部門にわかれてチャンピオンを決めました。
 ジュニア部門では、1年生のニルファルさんが優勝、シニア部門では4年生のムロッドさんが優勝しました。おめでとうございます。4年生のムロッドさんは、前回大会に続いて2回目のチャンピオンになりました。優勝者には賞品として、日本の絵はがきと筆ペンセットがプレゼントされました。
 ジュニアの部では、漢字カードを使って熟語ゲームをしました。勉強した漢字を使ってたくさん言葉を作るゲームです。これが結構盛り上がって、学生たちは無我夢中で漢字の言葉を作っていました。結果は・・・、Aチーム29点、Bチーム27点、Cチーム22点でした。みんなよく頑張りました!



 ウズベキスタンの非漢字圏の日本語学習者にとって、膨大な数の漢字を覚えることや漢字で書くことはとても我慢のいる学習です。ウズベキスタンのおしゃべり好きな学生たちが、おしゃべりするのと同じように、日本語で、漢字で、書くことに親しみを持ってくれることを願っています。
 次回の漢字チャンピオン大会は4月に開催予定です。

報告者: 特任講師(日本語教育担当) 寺田友子

漢字チャンピオン大会

2016年4月 漢字チャンピオン大会を行いました



 日本語に漢字がなかったらいいのに…。非漢字圏の日本語学習者なら一度はそう考えたことがあるのではないでしょうか。ウズベキスタンセンターにも「できることなら避けて通りたい、でも法律用語は漢字だらけ…」と苦悩している学生が大勢います。しかし、漢字なくして日本語なし!漢字を制す者が日本語を制す(と言ったら大げさですが)ということで、センターで学ぶ学生たちは、日ごろから漢字の学習にも取り組んでいます。

 4月21、22日、ウズベキスタンセンターでは約2年ぶりに漢字チャンピオン大会を行いました。1年生対象のジュニア部門、2年生以上対象のシニア部門にわかれてチャンピオンを決めました。ジュニア部門では、1年生のドニヨルさんが優勝、シニア部門では3年生のムロッドさんが優勝しました。おめでとうございます。優勝者には賞品として、日本の絵はがきセットがプレゼントされました。写真左 ドニヨル(1年) 写真右 ムロッド(3年)



 おまけとして、学生たちの珍解答を少しご紹介します。学生の答は原文のまま掲載します。

問 サマルカンドに行くなら、ウルグベックの( てんもんだい )は見るべきだ。
正 サマルカンドに行くなら、ウルグベックの( 天文台 )は見るべきだ。
学生の答 サマルカンドに行くなら、ウルグベックの( 転問題  点問題 )は見るべきだ。
ツッコミ 「もんだい(問題)」にひっぱられてしまったんですね。気持ちはわからないでもない!

問 コンサートの( にゅうじょうけん )を手に入れるのに、50,000スムもかかった。
正 コンサートの( 入場券 )を手に入れるのに、50,000スムもかかった。
学生の答 コンサートの( 入条件 )を手に入れるのに、50,000スムもかかった。
ツッコミ 「入るための条件」がお金で買えるのか…。う~ん、そんなバカな!

問 わたしの( 父 )と( 母 )は、モスクワにいます。
正 わたしの( ちち )と( はは )は、モスクワにいます。
学生の答 わたしの( おとこのこ )と( おんひと )は、モスクワにいます。
ツッコミ 父と母の性別は理解しているようだけれど…。いろいろ残念!

 まだまだ修行が足りませんね。次の漢字チャンピオン大会は12月に開催予定です。

報告者: 特任講師(日本語教育担当) 寺田友子

スタッフ(2011年)


2011年のスタッフ(タシケント法科大学の建物の前にて)

授業の様子

現在のところセンターの授業は正規科目に認められていないため、学生たちは課外授業として自発的に履修している。それでも非常に多くの応募があり、日本語・日本法学習への熱意を強く感じる。
▼当センターの受講を希望するウズベクの学生たち





 
センターからのお知らせ
現在お知らせはありません
464-8601 名古屋市千種区不老町名古屋大学日本法教育研究センター
Phone: Fax: +81 (0)52-789-4902, E-mail:
Copyright (c) Nagoya University Education and Research Center for Japanese Law All rights reserved.
Nagoya University