Research and Education Center for Japanese Law 日本法教育研究センター

センター開所

2014年2月28日(金)、ラオス・日本法教育研究センターの開所式が、ラオス国立大学法律政治学部において挙行されました。同センターは、大学院法学研究科及び法政国際教育協力研究センター(CALE)が設置する8ヶ所目の海外研究教育拠点です。
式典には、本学から濵口道成・総長、定形衛大学院法学研究科長をはじめ、約30名の関係者が出席し、ラオス国立大学からは、スッコンセーン学長、ヴィエンヴィライ法律政治学部長等がご出席され、約100名の参加者に見守られる中、センターを開所いたしました。ご来賓として、ラオス側からはコーンシー教育副大臣、ポーンメーク日本ラオス友好協会会長、日本側からは、磯正人・在ラオス日本国大使館臨時代理大使、今里讓・文部科学省大臣官房国際課長、武井耕一・JICAラオス事務所長にご臨席を賜りました。


今回設立したセンターでは、英語・現地語により、教員・学生・現地の法律家に対するセミナーや集中講義を開催し、日本法に関する情報発信を行うとともに、日本では入手困難なラオスの法制度、法運用などに関する情報を現地法律家の協力を得ながら収集・研究し、名古屋大学におけるアジア法研究の現地拠点としての役割を果たします。また、秋からは日本語による日本法教育も開始し、本格的な日本法の専門家を養成する予定です。センターの設置により、ラオスと日本の法分野に関する学術交流と人材育成へのさらなる貢献を目指します。

 
センターからのお知らせ
現在お知らせはありません
464-8601 名古屋市千種区不老町名古屋大学日本法教育研究センター
Phone: Fax: +81 (0)52-789-4902, E-mail:
Copyright (c) Nagoya University Education and Research Center for Japanese Law All rights reserved.
Nagoya University