Research and Education Center for Japanese Law 日本法教育研究センター

3Sep2015

標高1,300mからのサエンバイノー(おはこんばんちわ)

みなさん、元気ですかー。
勉強してますかー。

今回は、憧れの職業、日本の弁護士の先生方が14人もモイス(モンゴル国立大学)にやってきたというお話です。

先生方は、愛知県弁護士会の御一行です。今回、ウランバートルを中心に視察に回られ、その一環として我らが日本法センターにもお招きしたというわけです。

まずは会議室でエルデンブルガン法学部長を囲んでパチリ。青いネクタイのエルデン先生、今日もキマってますね〜。

さてさて、ご挨拶はこの辺にして、私たち日本法センターに日本からわざわざ弁護士の先生方がいらっしゃるということは… ただで返すわけにはいかないですからね〜。

そうです。授業をしていただきますよ〜。というわけで、試合開始です。

まずは下田先生の授業。「内縁関係と法」というテーマでの、第一線の弁護士の先生の高度な内容の講義。

おいおいおい、学生君たちよ、ビビってる場合か?相手は道場破りだぞ?

そんなわけないです〜。ノミンさんがモンゴルにおける内縁関係について発表して、モンゴル勢、巻き返し開始。

第二ラウンドは玉垣先生の授業。「非弁護士による法廷代理人」というテーマです。か、かっこいい〜。コラ、学生君たちよ、見とれてる場合か?

そうです。モンゴル勢が反撃するに決まってます。シュレンさん、ぶつかっていけ。

先生方からの鋭いコメント、心温まる励ましのお言葉、そして的を得た質問に、さあこの勝負、一体どうなってしまうのか〜。

その時、「ちょっと待った〜 俺ならここにいるぜ」と言わんばかりに質問する男。ドルジスレン君、そうだ、モイスにはお前がいた。

ノーサイドの笛とともに、敵も味方もなく、草原だけがあった。全力を尽くし戦った人々の熱い思いが混み上げていた。ありがとう、そして、また会おう。

愛知県弁護士会の先生方、そして講師としてお話いただいた下田先生と玉垣先生、本当にありがとうございました。もっともっと勉強して、先生方のような立派な専門知識を身に付けられるように頑張ります。

最後に、モイスと日本法センターのネーム入りの七宝焼のお土産(赤富士!)まで頂いてしまいました。モンゴル日本法センターの学生たちやOB・OGに対するご支援を、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

以上、撮影は伊藤頼子先生、2015年9月3日(木)、16.30〜18.00、於、法学部307号教室。文責は山本哲史(法学担当)。

 
What's New in モンゴル
センターからのお知らせ
464-8601 名古屋市千種区不老町名古屋大学日本法教育研究センター
Phone: Fax: +81 (0)52-789-4902, E-mail:
Copyright (c) Nagoya University Education and Research Center for Japanese Law All rights reserved.
Nagoya University