Research and Education Center for Japanese Law 日本法教育研究センター

28Nov2015 留学短報(アルナ)

 モンゴル日本法センター所属学生として、短期留学(1年)で日本の大学に通っている先輩の声です。

====================================

【留学短報: 2015年11月】

      慶應義塾大学 アルナ(Arna, M1201)

 今月はとても早かったです。日本語の授業にもなれて来て、モンゴルでいたように時間がたつのがとても早いです。日本に段々なれて来ている気がします。電車の乗り方や道を歩くとき人や自転車にきを付けるようになって来ました。日本はやっぱり人口が多いためか、往来が多いです。最初は人とぶつかったりしていましたが、今はなれて来ました。
 天気は、ずっと暖かかったんですが、最近ちょっと涼しくなって来ました。町を歩く日本人は「寒い、寒い」って言っていますが、私には涼しく感じます。でも、もうそろそろ12月なのに、まで雨が降るということは寒くはないと思います。モンゴルでは恐らく雪が降って、水が凍っているだろう。
 10月の31日に早稲田大学と慶応大学の野球対戦に行きました。野球は初めてだったので、ルールは全然わかりませんでした。どういうスポーツなのか想像もなかったんです。しかし、試合が終わるごろに少し分かるようになって来ました。大学生だけが来るだろうと思っていたが、中年代や子供、年寄りの人も多かったので、驚きました。私にとって野球より両方大学の応援が凄かったので、感動しました。試合が始まる時から終わりまで3時間ほど応援の声が止まらなかったです。こうやって応援していること自体が素晴らしくて素敵だねと感じました。
 または11月の18日から24日まで慶応大学の三田際があって、初めて大学祭に行って見ました。色々な美味しい店が沢山できていました。そうやって大学生活をサークルやゼミの友達と一緒に楽しんでいる日本人の学生を見てとても羨ましかったです。モンゴルでもこのような大学祭があったらいいなと思いました。

 
What's New in モンゴル
センターからのお知らせ
464-8601 名古屋市千種区不老町名古屋大学日本法教育研究センター
Phone: Fax: +81 (0)52-789-4902, E-mail:
Copyright (c) Nagoya University Education and Research Center for Japanese Law All rights reserved.
Nagoya University