Research and Education Center for Japanese Law 日本法教育研究センター

短期留学報告(名古屋から)

今年も、9月から文科省の日研生プログラムで日本に一年間
留学している学生がいます。
6期生のカエマリーさんです。カエマリーさんは名古屋大学に
留学中です。
名古屋に行ってから、いろいろな経験をしたようです。
その経験はきっと、これからの人生の糧になることでしょう。
残りの留学生活も、前向きに、楽しく、過ごしてくださいね。

//////////////////////////////////////////////////

 昨年の9月末に日本で留学することになりました。日本に来る経験がありますがそんな長い間留学するなんて、今回が初めてです。確かに外国で生活するのは簡単なことではありません。来たばかりなのにすぐに帰国したいという気持ちもありました。
 私の留学先は名古屋大学です。ここに来て、はじめの印象は、カンボジアにいる日本人と、日本にいる日本人は、全く違うということです。カンボジアでの日本人は明るくて、やさしいので好きでした。とても親しみを感じました。しかし日本での日本人はそうではありません。無口で、真面目そうな顔をして、いつも急いでいるように見えます。笑顔はほとんど見たことがありません。日本に来た時、初めて電車に乗りました。駅で会う日本人の印象は今でも忘れられません。サラリーマンらしく、手元にカバンを持ちながら、何も見ないで早く歩く、何人かの男性でした。「はああ、仕事にとても忙しいのかもしれないなあ、そんな急ぐのは」と私は思いました。電車を待ちながら、周りの人を見ました。近くにいる高校生らしい人は、何も気にしないで携帯電話を夢中で見ていました。電車が来て、乗るとまた新しい風景を見ました。電車でしんとして、本当に静かでした。車両にいるのは、ほとんど日本人でした。私は外国人ですから、話しかけてくれないのはたぶん言語の問題からかもしれませんが、近くに座る日本人同士でも、ぜんぜん話しかけないのはちょっと変だと思いました。少なくとも「こんにちは」とか話しかけたらいいのに。カンボジア人だったらそうでもありません。「今日は、暑いですね!」とか「どこへ行く?」とか、見知らぬ人同士でも話しかけるのをよく見かけます。日本人が「明るい」と思っていた私は困惑してしまいました。日本人は自分以外の人間は、みんな物だと思っているのかもしれません。物と会話する人はいないですからね。ですから日本人がやや怖かったです。

 名古屋でどこかへ行くのに地下鉄がよく使われています。でもみなさんもご存知のとおりに地下鉄線は本当に複雑です。経験のない外国人の私にとって一人で乗ることは絶対できません。今までは誰かと一緒に乗っていたけど、初めて一人で地下鉄に乗った時、本当にドキドキしました。一人で地下鉄を乗れるなんて思ってもみませんでした。でも仕方がない、他人に頼るばかりではだめですから、とりあえず一人で乗ってみました。
 結果は大変でした。道に迷ってしまいました。何回も乗り換えたから元の所に戻ろうとしてもできません。駅も広いし、地下鉄線もたくさんあって、いったい何が何だかぜんぜん分かりませんでした。怖い日本人に聞いても、無視されるに違いないと思いましたから、できるだけ自分で道を探そうとしました。でも、結局できませんでした。
仕方がないので、日本人に道を聞くことにしました。周りにはたくさん日本人がいましたけどある人は顔を見るだけでびくびくしました。ある人は夢中にゲームをやったり、仲間と大声で話したりして、そういう人たちには道を聞くどころじゃないと思って、本当に困りました。私が慌ているところを一人で電車を待っている女性に見られました。顔も優しそうだし、そしてせっかく見られたから彼女に聞くことにしました。実はちょっとためらっていましたが、勇気を出して聞いてみると案外に親切に詳しく説明したり、心配したりしてくれました。その女性のおかげで、寮に帰れました。彼女の笑顔はいまだにしっかり覚えています。その経験一つの大事なことを理解できるようになりました。
 思い込みと言う言葉をご存知ですか。「私が正しい」、「これは絶対こうあるべきです!」という考え方です。私は、「日本での日本人は怖い」、「他人を物と見做す日本人は、私のことを無視するはずです!」と思い込んでいました。
 しかしその日からいくつかのことに気がつきました。手にいっぱい本を持っている私の姿を見て、ドア開けておいてくれる日本人、毎日大学へ行く時「おはようございます」と話しかけてくれる、寮で働いているおじいさん、お金を引き出すとき忘れ物があって教えてくれる女性のこと、いっぱい親切にしてくれた人がいたのに、思い込みのせいで、ぜんぜん気が付かなかったのです。
 自分の考え方に固執していて、それまでは日本での良いことがぜんぜん見えませんでした。でも、思い込みを少しだけ捨てれば、物事の見方を変えられます。
 今なら「怖い日本人」という言葉はもうないです。しかし「面白い日本人」という新しいことばが出て来ました。今でも日本人のことよく理解できませんが、何とか思い込みを捨てることによって、悪い面だけではなく、彼らの良い面も見えるようになりました。怖そうですが親切、無口そうですが明るい、まじめそうですがユーモア、日本人は一見しただけでは分かりません。これから、勉強だけではなく、日本人についても、もっと理解したいと思っています。


第8回成果発表会

2016年10月12日に、第8回成果発表会を開催しました。
外部のお客様を招待し、日頃の学習の成果を発表します。
内容は、プロジェクトワーク、学年論文、卒業論文の
発表、インターンシップ、夏季セミナー、日研生プログラム
の報告、そしてミニドラマです。

今年の司会者は、3年生のヴォンさんとフーンさんでした。


学年論文賞を受賞したキンムラーンさんとチャンディーさん
が発表しました。写真は、チャンディーさんです。


そして、毎年お客様から好評のミニドラマ。カンボジアの
社会問題をテーマに、学生たちが補習授業でドラマを
作成します。今年もっとも人気が高かった「晴れる日」。


家庭内暴力ではありません。飲酒問題です。
お酒を飲み過ぎるお父さんをソコルさん、
それに悩まされる娘をキムヘンさんが熱演しました。

みなさん、とても良い発表でした。お客様からも励ましの
コメントを頂きました。


NPO法人MIS様訪問

2016年9月6日に、NPO法人MISのメンバーのみなさんが、CJLを訪問してくださり、新3年生たちと交流をしました。

アイスブレーキングから始まり、みんなすぐに打ち解けて盛り上がっていました。


MISの活動のこと、カンボジアのこと、様々なことについて話し合ったようです。法学部の学生さんもいたので、法整備支援の活動にも興味を持ってもらえたのではないでしょうか。


短い時間でしたが、同年代の日本人とたくさん話し、友達を作るいい機会になったかと思います。

MISの皆さん、どうもありがとうございました!

浴衣と本の寄贈を頂きました(JJリーグ様)

2016年8月29日(月)、JJリーグの桜木先生、塩澤先生、岩瀬先生、佐々様がセンターを訪問してくださり、浴衣と本の寄贈を頂きました。

浴衣は、色とりどりの綺麗なもので、帯も一緒に。


夏季セミナーから戻ったばかりの、新4年生のカエマリーさんと新2年生のソコルさんに、学生を代表して受け取ってもらいました。



本は、池田真朗先生の著作「民法への招待」第4版、貴重な署名入りの本を2冊頂きました。


こちらは、桜木先生よりコンケア先生に贈って頂きました。

みなさま、本当にありがとうございました。

短期留学報告(名古屋から)

日研生の報告、最後は名古屋大学に留学中のティアロンさんのレポートです。
プログラムに参加することで、自分の人生の報告がより明確になったようですね。日研生プログラム、非常に有意義なものですから、後輩の皆さんも、先輩に続いてぜひ参加しましょう!

現在、来年度のプログラムの申し込みが始まりました。
今年もたくさんの学生が参加できることを祈っています。

/////////////////////////
皆さん、こんにちは。明けましておめでとうございます。カンボジアセンターの5期生のトォン・プッティアロンと申します。名古屋大学の日本語日本文化研修生です。よろしくお願いいたします。
今、日本はもう冬に入ってちょうど寒くなってきましたが、耐えられます。でも、名古屋は今年暖かく、期待してきた雪が降らないかもしれないと先生方や知り合いの日本人がよくおっしゃっています。それは残念なことですが、これからも楽しめることだけを楽しんでいきたいです。では、今までのこの日研生の生活、触れてきたことなどを書かせていただきます。


来日してから、3ヶ月強経ちました。あっという間かまだまだというか、場合により両方感じられます。さて、日本での生活は特に問題がなく、かなり慣れてきました。実は、一人暮らしをするのは、今回初めてなので、心配していたけれども、なんとなくいけます。
現在、大学の寮に住んでいます。寮費は他の寮と比較してちょっと高いですが、それだけの価値があるでしょう。なぜかというと、一人部屋なので、住みやすいし、雰囲気も良いし、大学まで近いからです。とても便利ではないかと思います。大学までは、歩きですが、一人で歩くのではなく、友達と一緒に歩くのです。授業以外でも日本語会話を練習する上、みんなと仲良くすることができるんです。しかも、自炊をしたことがなかった私には、この留学のきっかけで挑戦し始めました。最初は、お弁当まで作りましたが、今一時辞めました。やはり怠慢な私なのです。
なお勉強のことには、意外と忙しいと思われます。やることは結構あるし、ないときはなかなかないです。文句を言っているようですが、そういうことではないです。逆に、多様なことを勉強させて頂き、学んできたこととある程度違うところもあります。つまり、新しい勉強が一段とできています。その上、同級生の皆はほとんど日本語学科の方なので、日本語能力もレベルアップだし、様々なことを知っています。法学部の私には、まるで新しい世界に居てしきりに門外漢のようです。日本語日本文化研修コースなので、法律は別のお話になってしまうわけです。専門外の勉強が多いですが、せめて自習したりして、できるだけ努力しています。さらに、カンボジアセンターの先輩方と在名大カンボジア法学部留学生の先輩方が作り上げた法律のクラブに参加させていただいています。そのクラブは、週に一回行われます。先輩方は自らの研究していることについて発表し、質疑応答や、論評などお互いにやりとりをします。おまけに、カンボジア法制度について研究されている日本人の先生も、たまに勉強会をされるので、それにも参加させていただいています。ですから、法律の勉強をすることができています。
最後になりますが、自分はこの日研生には相応しくないなあとたまに思っていましたが、楽観的に考えると、この思い憧れていた日研生のおかげで、自分自身の好きな専門が明確に見つかりました。法律の勉強をさらに愛することになりました。
今までの日研生のことは手短に言うとこんな感じです。要するに、楽しいこともあるし、困ることもあるし、いろいろです。大変なことは大変ですが、一生のたった一つだけの経験なので、修了までこれからの残っている期間をできる限り大切に楽しんだり、頑張ったりしていきたいと思っています。

 
センターからのお知らせ
現在お知らせはありません
464-8601 名古屋市千種区不老町名古屋大学日本法教育研究センター
Phone: Fax: +81 (0)52-789-4902, E-mail:
Copyright (c) Nagoya University Education and Research Center for Japanese Law All rights reserved.
Nagoya University