基本情報

CJLウズベキスタンの学生たち
CJLウズベキスタンの学生たち

日本法教育研究センター(ウズベキスタン)概要

ウズベキスタンは日本の法整備支援重点国であり、名古屋大学大学院法学研究科も、法学を専門とするウズベキスタンの留学生をこれまで数多く迎えてきました。2005年9月に、日本語での日本法教育を実現するため、タシケント国立法科大学内に日本法教育研究センター(ウズベキスタン)を設立しました。2012年の7月の時点で、第5期生までがCJLUを修了し、そのうち17名が名古屋大学大学院法学研究科修士課程等、日本の大学院に進学した他、ウズベキスタンの国家機関や法律事務所等に就職し、活躍しています。

ウズベキスタンでの日本法人材育成と情報発信の拠点

CJLウズベキスタンは、その教育のあり方の特殊性から、ウズベキスタン国内だけでなく、中央アジアでも非常に注目されている機関です。
タシケント法科大学と協力し、CJLウズベキスタン修了生が中心となって国際シンポジウムを開催する等、人材育成だけでなく、情報発信の拠点としての活動にも取り組んでいます。
また、CLJウズベキスタンでは、JICAボランティアが活動し、JICA関係者が学生を対象に特別講義を行う等、JICAとの密接な協力関係によって運営されています。CJLウズベキスタンの修了生のうち、2名がJICA法整備支援プロジェクトのアシスタントとして活躍するなど、人材の循環も実現しています。