センターだより

中央大学法学部の学生来訪

2015/09/04

日本法教育研究センター(ハノイ)では、夏休みが終わり、8月17日より、新学期の授業を開始しています。
さて、今日は、授業の様子をお伝えしようと思います。

8月25日、JICA法整備支援オフィスでインターンしている中央大学法学部の学生4名が、日本法教育研究センター(ハノイ)の授業に参加してくれました。
インターン生4名は、3年生の「ディベート」の授業に参加し、「古い町並みを守った方がよいのか、近代的な建物を建てた方がよいか」というテーマについて、発表をし、日越の学生間で意見交換を行いました。
少しおとなしい学生が多い3年生ですが、日本の学生に刺激され、活発に意見交換をしていたのが印象的でした。

これからハノイは、多くの開発が行われると思いますが、今日の授業が、歴史と調和のとれた開発を考えるきっかけになれば良いなと思います。

1年生(39期生)のご紹介

2014/11/13

2014年度ハノイ法科大の1年生。
その中から明るく元気一杯のこの24名が日本法センターの39期生として選ばれました。
これから頑張って日本法を学んでいって下さい!

▼教室にて

(K)

ボランティア通信2014年10月31日

2014/11/13

この時期、ハノイの大学や文廟ではこのような光景に出くわします。

▼これは、ハノイ法科大学の光景です。

実はこれ、卒業アルバム作成の為の、写真撮影なのです。
9月に新学期が始まったばかりなのに、10月には写真撮影。
しかもこの力の入れよう。
ベトナム人が本当に写真好きな(大切な)面が表れている1コマです。

ショー&テル発表会

2014/11/13

11月11日~14日にK38(2年生)の「聴講会」という授業において、「ショー&テル」という発表会がありました。
これは、「私の大切な思い出」というテーマについて写真を1枚用意し、それを見せながら3~5分程度で発表するというものです。

▼発表の様子

それぞれテーマにあった話で、ストーリーがあり、この1年間成果が表れた発表となりました。

(k)

2013年度(4期生)修了式

2014/11/05

6月27日(金)に2013年度(4期生)の修了式が行われました。
今回は新しい校舎に変わって、初の終了式です。

▼2013年度(4期)卒業生と来賓の先生方(左から:チャン・ティ・トゥエット、チャン・ティ・マイ、 グエン・ティ・トゥ・トゥイ、チャン・クアン・フイ副学長、チャン・ティ・チャン、ディン・ティ・トゥイ・リン、パイ・ティ・ズン)

当日は、在校生からの歌のプレゼント等があり、和やかな式となりました。

■卒業式・式次第
・開会の言葉
・修了証贈呈
・祝辞
 ハノイ法科大学 チャン・クアン・フイ副学長
 在ベトナム日本国大使館 鈴木秀生公使
 名古屋大学大学院法学研究科 神保文夫研究科長
 名古屋大学法政国際教育協力研究センター 小畑郁センター長
・卒業生からの言葉
 卒業生代表  チャン・ティ・トゥエット
・送る言葉
 2012年度卒業(3期)生代表 トゥオン・ティ・トゥ・ホアイ
・送辞
 在校生代表 レ・ドゥック・ソン
・歌
 在校生
・送辞
 卒業生代表 パイ・ティ・ズン
・花束贈呈
・閉会の言葉

▼来賓の方々と卒業生

卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます!

(K)

1 2 3 4 6